バックナンバー

介護の有益情報

新着情報

  • トップ

まずは介護職員の確保から

高齢者が増える中、介護施設は不可欠なものとなっています。家族の負担を減らすことや、高齢者が社会の中で人間らしく暮らすための手段でもあります。介護施設の開業ではいろいろ種類はありますが、開業時は小規模なものから始め、利用者や職員の数が安定してきた時点で次の目標に進むというケースが多いようです。高齢者とともに、訪問介護や小規模デイサービスなど様々な種類の施設が増えていて、中には職員が定着しないために利用者がいるにもかかわらず、閉所を余儀なくされる場合もでてきています。このようなケースは、経営者にとっても利用者にとっても残念でなりません。まずは介護職員を確保し、定着できるような施設にすることが初めの第一歩となります。どのような施設を開業するにしても、仕事の種類自体が大変なものであることには変わりません。高齢者が好きな人や、世話好きな人、責任感が強い人、話を聞く耳を持った人など職員を集める場合には、人を見極めることが大切です。人材不足から誰でも『採用』ということの多いこの業界で、採用した人材の入れ替わりが激しいとあっては、ベテラン職員によるオリエンテーションの時間が全くの無駄となってしまいます。そうならないために、どのような施設にしたいのか理解できる人を採用し、協力してくれる人材を探し出すことから始めなければなりません。

↑PAGE TOP